カラパイア

ユーザビリティまったく無視。使いづらい、ていうか使うことを躊躇してしまう世界のトイレ

日常よく使うものは、使いやすさとか使い勝手といったユーザビリティに考慮されていることが多い。特に毎日必ずそこに入ることが自然の摂理となっているだろうトイレならばなおさらだ。

日本の場合だと、使用している音が聞こえないような音姫システムや、さらには便座は適温に温められていたり、なんならお尻だって洗ってくれる多機能で心配りたっぷりのトイレが公的な場所でも採用されている場合も多い。

使用する前に「いつもきれいに使ってくれてありがとうございます」という張り紙はちょっと括約筋が萎えたりする場合もあるわけだが...

だが世界を見るとそんなトイレばかりじゃない。
ユーザビリティ?何それとにかく使えればいいんじゃん?
みたいな、投げやりで逆に面白いトイレがあったりなかったりするのだ。
いやあるのだ。

この記事の続きを読む

  • 25 view