おうまがタイムズ

【人工知能】今後はすさまじい伸び!国内AI市場、6年間で15倍以上の成長見込みが

関連記事【AI】10年後にはもう人間が人工知能に勝てる分野ってなくなってそう
【AIに職を奪われる?】子供の読解力低下、中3の5人に1人が主語と目的語を読み取れず

1 2017/11/15(水) 「AI市場は今後すさまじい勢いで伸びていく」──IDC Japanは11月15日、国内のコグニティブ/AI(人工知能)システム市場予測を発表した。16年の市場規模はユーザー支出額ベースで158億8400万円と推定。21年には2501億900万円まで拡大する見込みという。

国内コグニティブ/AIシステム市場のユーザー支出額予測(2016年~21年)

IDCは同市場を「自然言語処理と言語解析を使って質問に応答し、機械学習をベースにレコメンドなどを行う技術」と定義。カスタマーサポートなどで顧客に自動応答するチャットボットやECサイトなどで購入履歴に応じた商品をレコメンドするなどのシステムを想定し、「汎用的なAIでなく、あくまで人間を補助する“弱いAI”と考えてもらっていい」(IDC Japan 眞鍋敬さん)という。

16年は、AI導入による効果検証をする企業が多く、実際のビジネス活用は少なかったとしている。ユースケースは、専門職の分析・検索をサポートするアシスタント機能、製造業向け品質管理などが多かったと推定する。「今は効果検証のフェーズだが、今後数年でビジネス活用が進み、非常に大きく成長する市場だ」(眞鍋さん)

(略)

AI市場は、16~21年で年間平均成長率73.6%になる見込みという。「これはすさまじい伸び方。今、企業がAIに投資するのは全く間違っていない」

IDC Japan株式会社 国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表
https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20171115Apr.html

配信2017年11月15日 14時02分
ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/15/news095.html

この記事の続きを読む

  • 23 view