劇訳表示。

日本の鉄道「20秒早く発車してしまいました。済みません」【海外反応】

つくばエクスプレスが20秒「早く」発車して謝罪。どんな影響があった?
つくばエクスプレスが発表した「お詫び」が話題になっている。
いったい何をやらかしたのか?と思ってリリースを見ると、11月14日の南流山駅で午前9時44分40秒発の下り電車が、こともあろうか「20秒早く発車」してしまったという。
ネットメディアや掲示板に寄せられるコメントを見ると「時刻表を守れないのは問題」「早く出るのはミス」など厳格さを求める声がある一方、「乗客も気づかなかったかも?」「遅れるのはともかく早いのはいいのでは?」という意見も散見。
時刻表の通りに運行できなかったことを問題視する意見もあるが、実はネットで確認できる時刻表には「秒」は書かれていない。つまり、40秒発の電車が20秒早く発車しても時刻表の通りなのだ。
さらにリリースの最後には、クレームの類は寄せられていないと書いてある。

ホウドウキョク:
電車が早く発車したり遅れたりするたびに「お詫び」を出しているのか?

担当者:
早発(早く発車した)は、そのたびに「お詫び」しています。
だいたい1年に1回ぐらい早発が起きてしまいます。
遅延は、基本的に30分以上遅れた場合はリリースを出します。
また、会社の判断にもよりますが、車両の故障などの場合は30分に満たない遅延でもリリースを出す場合があります。
その他の遅延は、他の鉄道会社と同じように遅延証明書を発行するなどの対応をとっています。

ホウドウキョク:
20秒早く出たことの影響はあるんですか?

担当者:
影響があるとすれば、ホームにいるお客様です。

ホウドウキョク:
今回、苦情はなかったというが、いったい誰に「お詫び」しているんですか?

担当者:
細かすぎるという声があるかもしれませんが、その場にいたお客様や、乗れなかったお客様に対して「お詫び」を申し上げました。
当社はワンマン運転(乗務員1人)で運行していて、ホームでは発車の15秒前になると自動的にメロディーが鳴り、ドアを閉めると自動運転で出発します。
今回は20秒早発してしまったので、メロディーが鳴っていないのに電車が動き出したことになります。
そして電車が出発した後に、メロディーが鳴りました。
今のところ苦情は頂いていませんが、ホーム上のお客様はメロディーと電車がずれたことを疑問に思ったことでしょう。

確かにメロディーが流れていないのに、いきなりドアが閉まって動き出したらびっくりしてしまうだろう。20秒のズレと聞くと誤差のように思ってしまうが、鉄道では見過ごすことができない大きな問題だということがよく分かった。
詳細↓
yahoo

この記事の続きを読む

  • 45 view