劇訳表示。

「日本には、遊園地と勘違いされるゴミ処理場がある」【海外反応】

USJと間違う人も...まるでテーマパークのような、大阪のすごいゴミ処理場
USJ初体験の夫の両親を案内するべく車で走行中、義父が「あっUSJ見えたよ!」と一番乗り!みたいな声を上げたが残念ながらそれは大阪のゴミ処理場だった。
写真にはなんだか楽しそうなカラフルな建物が写っている。かなり巨大な施設のようだ。右側の青い塔の上には、金色の丸い帽子のようなものも飾られている。
ここは大阪市此花区にある「大阪市環境局舞洲工場」だ。ユニークな外観はオーストリアの芸術家、フンデルト・ヴァッサー氏(1928年~2000年)のデザインによるもの。
ツイッターには、冒頭のツイートに関連して、こんな声が寄せられている。
「阪神高速五号湾岸線を神戸側から走ると起こりうる話だな」「フンデルトヴァッサーの建築物見るからに楽しそうだからしょうがない」「大阪すごい...!」といった感想だ。
「自然との共生を理想とする彼のデザインはここにぴったりだと思う」と評価する人もいる。
詳細↓
dailynewsonline

この記事の続きを読む

  • 29 view